MENU

 40代の主婦です。27歳から白髪が目立ちはじめヘアカラーをし始める事に。それまでは、パーマをかけたり、ストレートパーマをかけたりとパーマで髪型を変えて楽しんでいましたが、パーマに加えてヘアカラーもするとなると髪の毛に負担がかかると思い、27歳からはパーマをかけるのを諦めました。

 

 27歳から40歳までは、ヘアカラーの色を変えて楽しんでいました。子供が居ない時代には、ピンクっぽい色にも挑戦したりしていましたが、しかし、40代に突入した頃には白髪が増えて。すぐにかなり目立ち始めるのでヘアカラーでは、白髪をカバー出来なくなりました。誠に残念ながら、40代からは、白髪染めをオーダーするようになったのです。最初は、会う人に髪の毛こんなに黒かったっけ?と聞かれていちいち白髪染めに変えたというのは、面倒だったので逆にカラーを辞めて地毛は黒いってことにしておきました。かなり重たくみえるので、美容師さんに相談して色の配合を少し変えて茶色を加えてもらいました。

 

 やはり、40代からは抜け毛も増え、さすがに12年以上毛染めをしていたら抜け毛も仕方ないですね。44歳あたりからかなり薄毛な印象に。さらに毛染めをし続けるとアレルギーも発症するリスクもあるので毛染めする間隔を開けないとなーと考えはじめました。

 

 一番白髪の多い場所がおでこの上の生え際。ここからすぐに白くなります。そこを放置していると遠目からみた場合、光ってハゲてみえます。写真を撮って気がつきましたが、とてもショックです。まあ、実際少し薄くなってきましたが。

 

 白髪を隠したいけど、これ以上髪を傷めたくない。この悩みを解消しようとウィッグを買いました。しかし、前髪はウィッグからも白髪が飛び出して見えてしまいます。仕方ないのでウィッグをつける前に白髪が目立つ所をピンであげて、その他は、少しだけお出かけ前のワンタッチ白髪染めを塗ります。

 

 ウィッグのおかげで少しだけ白髪染めの間隔を開ける事が出来ました。そうしているうちに通っている美容院がジアミンフリーの白髪染めを使ってくれるようになりました。これでアレルギー問題は解決です。

 

 さすがに全く白髪を染めないという勇気はまだありません。老婆みたいに見えるのはさすがにまだ早いですから。しかし、最近は白髪ブームが到来したようで、草笛光子さんがシルクのような白髪をしているので憧れる人が増えたようです。草笛さんは、白髪でありますが髪は多いんですよね。

 

 白髪、薄毛の二重苦にウィッグ以外の救いの手は無いのでしょうか?私の模索はまだまだ続くでしょう。